めいちゃんス。-maytya Official Blog-

引き寄せの法則・気付きのシェア・スピリチュアル

パーフェクトで良い気分にならなくてもOK〜エイブラハム感情の22段階を見返そう〜

 

良い気分でいればいるほど、私達はよりソースとの繋がりを深め、最善の道に自動的に導かれていきます。

 

しかし、常に良い気分でいられるかというと、それはそれで中々難しいものです。

生きていれば様々な出来事があり、苛々したり怒ったりする機会が沢山あります。

 

かといってずっと悪い気分でいれば、現実はどんどん悪化していってしまいます。

 

そんな時は、今より少しでも良い気分、を選択しましょう。

 

エイブラハムは、ソースとの繋がりを深める為の感情の22段階を解説してくれています。

(以下参照)

 

  1. 感謝/愛/高い評価/喜び・感動/溢れる活力/自由/自信/大いなる気付き
  2. 情熱
  3. 熱意・やる気/切望/興奮・熱狂/幸福感
  4. ポジティブな期待/信頼/信念
  5. 楽観
  6. 希望
  7. 満足・納得(現状肯定・ニュートラル)
  8. 退屈
  9. 悲観
  10. 欲求不満/ストレス/焦り・苛立ち/短気/我慢/不足・欠乏
  11. 戸惑い/圧迫感
  12. 落胆
  13. 疑い/不安
  14. 心配
  15. 非難/自責
  16. 挫折感/失望
  17. 怒り
  18. 復讐心
  19. 憎しみ・敵意/激怒
  20. 嫉妬
  21. 自信喪失/罪悪感/無価値観/自己卑下/恥/不安(身の危険)
  22. 恐れ/悲嘆/苦悩/憂鬱/絶望/無能感/無気力

 

この感情の段階における一番上が、つまり最もソースと繋がれている状態であり、

下に行けば行くほど繋がりが薄れてしまう、ということになります。

 

かといって今激しく苛立っているのに、いきなり愛や感謝の状態に持っていけないですよね。

 

またそれを焦る事で、更にソースからかけ離れてしまいます。

 

なので、そんな時は無理矢理良い気分になろうとするのではなく、今よりも少しだけ段階の高いところを目指して意識を向けていけば良いのです。

 

そうする事で、少なくとも1段階はマシな未来に行けるからです。

少しでも良い方が良いですよね(笑)

 

ちなみに、私も常に愛や感謝の状態にいれるかというと、全くそんなことはありません。

 

むしろそれを保てるのは聖人君主レベルに限るのではないか?と開き直って、ネガティブな状態の時は、ネガティブな気分を発散するようにしたり、気の済むまで浸ったりしています。

 

でも通常は時が経てば勝手に気分が上昇して来るというのもわかっているので、あまり心配もしていません。

 

パーフェクトで無くても、少しでも良い未来に繋げよう、そんな気持ちで良い気分に意識を向けて行