めいちゃんス。-maytya Official Blog-

引き寄せの法則・気付きのシェア・スピリチュアル

才能も過去世からの積み重ね

皆誰しもが、人より劣っている部分もあれば、優れている部分もあります。

 

それは容姿だったり、環境だったり、運勢だったり、才能だったり様々です。

 

持って生まれたものだから仕方がない、と頭で言い聞かせつつも、特段秀でている人を見かけると、つい比べてしまうのが人間ですよね。

 

特に才能については、その人が特別に天に選ばれてそれを授けられたかのように思う時もあります。

 

しかし、実は『才能』というのは、極端な言い方をしてしまうと本来存在しないものなのです。

 

何故なら、誰もが等しく0から始めそこから積み重ねているからです。

 

もし『生まれ持っての天性の才能』のようなものがあるとするならば、

それは単なる過去世からのデータの引き継ぎでしかありません。

 

つまり、才能の正体は、『場数』や『経験』でしかないという事なのです。

 

その人が自分の手で積み上げたものが、ようやく花開いただけに過ぎないのです。

 

「音楽」を沢山やっていた人なら、やはり音楽の才能(のようなもの)が見られますし、

「絵」を沢山描いていた人なら、やはり幼少からとんでもない画力を発揮するでしょう。

 

でも手をつけていない分野に関しては、拙いかもしれません。

 

そう考えると、この世は完全に平等だとわかります。

 

時たま才能に胡座をかいて転落する人が居ますが、あれは過去の努力を忘れ、自分を唯一無二の天才だと思い込むようなった故なのだと思います。

 

その人も、かつては凡夫だった。ただ、誰よりも続けてきただけなのです。

特別に選ばれたわけではない。

 

普通の人間なんだけれど、地道に歩いてきただけなのです。

それがわかれば、自分自身を誇りに思う事はあれど、驕り昂る事など無いはずです。

 

本来のレール、純粋な魂の思惑から外れると、宇宙はくいっと軌道修正してきます(笑)

 

長い長い時間をかけて、苦手だったものが、特技へと昇華した。

皆さんも、そういう経験がきっとあるはずです。

 

もしそれがまだなら、

その『まだ』の時期を超えていくしか無いでしょう。

 

しかし有限の物質とは違い、積み立てたものが崩れる事は絶対にありません。

 

花が開くその時期は神のみぞ知る、ですが、

来世まで待たなくても、後ほんの少しでそこに辿り着けるかもしれません。

 

ちなみに私は発達障害(アスペルガー)を持っているのですが、

元から共感力が薄く、人とのコミュニケーションが難しいと感じる事が多々ありました。

 

そのせいで生きづらく、辛い思いを沢山してきましたが、

それでも生き抜いてきた中で、共感力もコミュニケーション能力も飛躍的に向上しました。

 

自分でも驚いているのですが、それまで出会う人は皆思い込みが激しく、要領が悪い人が多かったのですが、

最近はさらっと気遣いが出来る良い意味で常識的な大人の人と関わる事が多くなってきたのです。

 

そして、きちんと会話できている(!!)

 

これは私が人間として成長できた証に、それに見合うフェーズの人を引き寄せているんだと理解しています。

 

逃げずに現実と向き合い生き延びたからこその結果でしょう。

 

これも、この先生きていく中で磨かれ、才能として引き継がれていくのだと思いますし、障害も自分次第で如何様にも超えていけるのだと確信しています。

 

というか、皆も最初はアスペルガーのような感じだったけれど、人間関係の場数が多い人が『健常者』として生まれてきているだけなんじゃないかと考えるようになりました。

 

そうしたら、なんでも「障害だから」とか「苦手だから」と放り投げずに、心を開いてやれる所までやってみるべきなのかもしれません。